bird's eye ‐ゆきのこダイアリー

雪の日生まれのゆきのこさんの、小さな暮らし。「楽しいよ、人生は美しいからね」―セネガルのおじいさんの言葉。
by soy_aya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

うちのかわいこちゃん2

d0133188_134758.jpg

地元のホームセンターから連れ帰ったミニバラのティファニー。ひと夏でだいぶ大きくなりました。花はほんのり桃のような香りがします。
[PR]
by soy_aya | 2008-09-26 13:04 | にっき

多摩川ピクニック

d0133188_1943254.jpg

朝、会社のドアを開けると、ラジオからKOOPの“I see a different you”という曲が流れてきていました。とても美しいけれど少しせつなくて、9月のよく晴れた日の空気のよう。

そんな曲にぴったりのすばらしいお天気の休日に、多摩川ピクニックが決行されました。ピクニックという言葉だけで平和でうきうきした気分になるのは、なんとも不思議なことです。
自由が丘でサンドイッチやケーキなどごちそうを買い込み、東横線の多摩川駅を降りるとすぐ、森の匂いがする親水公園に着きます。
葛の花を這わせた棚の下をくぐって、多摩川を見下ろす木陰でごちそうを広げます。すると突然の蚊の猛攻。
どうやらピクニックには虫よけが必須のようです。

大慌てで公園を脱出し、やって来たのは多摩川の河川敷。河川敷には太陽の光があふれていて、たくさんの人が思い思いに過ごしています。下手なキャッチボールを繰り広げる男子学生二人組。水辺に並ぶカップル。走る犬。対岸の少年野球チームのかけ声。
9月の光と風の中では、みんなが幸福そうに見えます。鉄橋を渡る東横線の電車や新幹線さえ、のどかでかわいらしく見えました。

-----
東京にはまだまだピクニックに最適のすてきな場所がたくさんあるようです。そんなわけで、この秋はいろんなところにピクニッカーとして出没したいと思います。
できればごちそう入りのバスケットをぶら提げて。
そして虫よけを携帯して。

【参考文献】
『東京ピクニッケ』プロジェ・ド・ランディ著(白夜書房)
[PR]
by soy_aya | 2008-09-25 19:43 | にっき

大願成就!

d0133188_23521869.jpg

d0133188_23521814.jpg

日曜日、都内某所のサーティーワンの行列に色白・色黒の2人組が並んでいました。
憧れの3スクープアイス。それを我が手にするときがついにやって来たのです。

カラフルな3段重ねのアイスクリームは、幼稚園の頃からの私の夢です。20代のうちに必ず実現すると決めて、今年に入ってから2度も3スクープのアイスを買う夢を見るほどの気合いの入りようでした(しかも一度は新幹線に乗って買いに行ってたみたいです)。

上:輝ける我がアイスクリーム・タワー。イチゴ、チョコ、チョコミントのフレーバーも、幼い頃から想い描いていた3種類です。
イチゴフレーバーは本当は「加須マイン」(高校のある駅のスーパー)のアイスクリームショップで部活帰りによく食べた、果肉なしの安っぽいテイストのものが理想だったのですが、フレーバーの多様化が進む今では、逆になかなかお目にかかれなくなっているのです。

下:夢の実現にカンパイ☆同行の方は目新しいところでティラミスとラムネのダブルです(組み合わせ的にどうなんでしょう?)。ラムネアイスには本物のラムネが練り込まれていて美味でした。
今度は上下ラムネのダブルもいいかも…(^^)ムフフ

付添人として大願成就の場に立ち会ってくださった、業界の方に感謝ですm(__)m
[PR]
by soy_aya | 2008-09-17 23:52 | にっき

赤子と私

休日に、高校の部活の友達で、赤ちゃんのいる子のお家に行ってきました。
赤ちゃんは女の子でもうすぐ1歳です。この子はこの日が初対面。
パーカッションの英才教育のためのグロッケン(鉄琴)と、デパ地下グルメの数々を携え、みんなで電車に乗っていきました。

赤ちゃんはどうやらママ似で、お世辞抜きにキュートな娘っ子でした!
もうあんよができて、離乳食もたくさん食べてましたよ(多分私よりご飯の量多い…)。グロッケンも早速叩けるようになっていました。早業…

それから、一緒に遊びに行った子が新婚さんで、式の写真を見せてもらいました。白無垢の花嫁さん、すごく似合ってましたよ☆
実は隣の花婿さんも見知った人で(先輩)、時の流れとは本当に不思議なものよのうと思いました。

さらにハネムーンが北欧10日間の旅だったそうで、長いこと北欧へ行きたい病を患っている私はうらやましくてしかたありません。
湖の写真、キレイだった~☆北欧友の会のメンバー、またひとり発見です。

ところで、前からちょっぴり思っていたのだけど、赤ちゃんにとって私はどうやら「不思議な人」なのかもしれません。
お母さんみたいな姿形をしているのに、世話を焼いてくれるでもないし、同じ目線になって遊んでくれるわけでもない。何だか遠慮がちにそこにいて、しばらくするとおずおずと相手をしようと試みるナゾの人間です。

なにせ赤ちゃん相手に人見知りしているらしいのだからお話になりません。最終的にはむしろ赤ちゃんのほうからコンタクトを取ってくれるありさまです。
周りの友達がどんどんママになっていくけど、私がママになる日もいつか来るかと思うと、客観的に見て非常に不安です。

でも、ダメだろうが何だろうが、結局はできることからひとつずつやっていくほかないのよねf^_^;
真の天然だった高校時代から考えればなかなかがんばったよ、あやぼう!
今日だって「ゴハンは大体好き嫌いなく何でも食べれる」って言ったらみんなびっくりしてたし(ゴハンがケーキだったことがあるので。心配かけてごめんなさい…)!
まだまだこれからもがんばれるさ!
意外と産んでみたら何とかなるかもしれないさ!
と自分を励ましつつ、帰路につきました。

おっとその前に戸籍の壁のことを忘れてるぞ☆
[PR]
by soy_aya | 2008-09-11 20:08 | にっき

神楽坂でガレットの巻

この前の土曜日、気のおけない友達が神楽坂のおいしいガレットのお店に連れていってくれるというので、お出かけしてきました。

神楽坂の通りからほんの少し入ると何やらいい匂いがしきて、緑のテラスのあるすてきなお店が現れます。そこが目指すガレットのお店です。

お店に入るとまず、ガレットの種類があまりに豊富なのでびっくり!
ヤギのチーズにくるみ、フランスの生ハムなど、気になる食材がいろいろあって、組み合わせも幾とおりもあります。うーん、これは迷う…迷うぞ。

さんざん迷ったあげく、アンチョビやパプリカなどいろんな食材がのった、プロバンス的な名前のガレットを選びました。友達のはほうれん草入りのです。休日だからと、早くもシードルで乾杯。私のはいちごのリキュール入り!

ガレットはそば粉のクレープだということで、多分私は初めてです。生地は香ばしくて、カリカリに焼けています。どおりで厨房からバターのいい匂いがしていたわけです。

ガレットを食べていると、窓の外では突然の大雨。建物の中から見ている分にはドラマチックです。
でもこれで当分お店から出られなくなってしまったので、ちょっと苦しいけどデザートのクレープを頼んでゆっくりすることに。

注文したクレープ(小麦粉の生地の)は、キャラメル・ブール・サレ。塩キャラメルのソースを塗ったクレープです。こちらも日本のクレープより焼きめがしっかりついています。

ガレットとクレープと2枚食べたのでお腹はいっぱい。そしてお店を出る頃には、雨はもう止んでいました。
会社のおじさまに神楽坂に行くと言ったら、五十番の肉まんをぜひ食べるように言われていたので、お店に寄って大きな黒豚まんじゅうをお土産にぶら下げてゆきました。
お家に帰って食べてみたら、キャベツの甘みと黒豚のうまみが何ともいえないおいしさでした。

神楽坂は前から極めてみたいと思っていた町で、神楽坂茶寮、麦まるのおまんじゅう、抹茶ババロアなど、気になるものがたくさんあったのですが、苦しくてもう何も入りません。
たいへん無念なことです。
また行って極めなければ…!!
[PR]
by soy_aya | 2008-09-08 18:00 | にっき

レインツリーと夏の思い出

d0133188_2039215.jpg

これ、何だかわかりますか??
すりこぎでもこん棒でもありません。杖でも長いもでもありませんよ。

これはレインツリーという楽器。傾けるとサボテンの幹の中をたくさんの小石が転がって音が鳴るのですが、ちょっと信じられないくらいきれいな音がするのです。
傾け始めはピチピチキャラキャラと、高温になった天ぷら油みたいな音。傾きが大きくなるとザザーッとたくさんの小石が流れる小気味よい音。そして最後はまたピチピチキャラキャラで終わります。
私の感覚ではレインツリーというよりテンプラツリー??です。

実は、高校生の頃に初めてJPC(Japan Percussion Center=打楽器の聖地)で見つけて以来、ずっとそばに置きたかったのを、思いがけなく表参道で入手しました。
JPCには私の背丈くらいあるのもあったけど、この子は私のひざ上ほどの手頃なサイズです。

将来的には壁にひっかけるところを取り付けて、刀のように横向きにして飾りたいところです。

さて、この夏は珍しい人にたくさん会った夏でした。

まず、お休みで留学先から帰って来た子を、一年半ぶりに囲む会。会ったらなぜか全然久しぶりの気がしなくて、いつもの調子でのんびりしちゃいました。会うとほっとするふたり組なのです(^^)

それから同じパートなのに長いこと会ってなかったサークルの後輩、およびその妻と茶水で再会。このふたりは知らぬ間に同じ沿線に住む仲間となっていました。

川越の後輩夫婦主催のバーベキューに参加し、これまた珍しいメンバーと山で豪雨に襲われもしました。
下山する車の中で運転手が眠りかけるという恐怖体験のオマケつきでした。

ごちそうもたくさん食べました。臨月の妊婦さんを囲んでタイ料理。高校の友達と銀座で生ウニのパスタ。会社友達とはふんぱつしてホテルで豪華フレンチを。

夏休みは取らなかったけど、かなり充実したお盆ウィークになりました。遊んでくれたみなさん、どうもありがとうございましたm(__)m

そして、8月1日を持ちまして、色の黒いあのお方が博多から3年半ぶりに凱旋し、1年間東京で働くことになりました。
これから1年、どこに遊びに行こうかな☆
[PR]
by soy_aya | 2008-09-05 20:39 | にっき