bird's eye ‐ゆきのこダイアリー

雪の日生まれのゆきのこさんの、小さな暮らし。「楽しいよ、人生は美しいからね」―セネガルのおじいさんの言葉。
by soy_aya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

友達のこと

d0133188_19343755.jpg

d0133188_19343743.jpg

d0133188_19343724.jpg

d0133188_19343747.jpg

5月に入り、プライベートの用事も片付いて、会社内の引っ越しという一大イベント(かなり骨身にこたえました…)も乗り越えたので、いつもはなかなか会えない友達に会ってきました。

-----
まずは、ずっと会いたかった大学のサークル友達。30になってもうっかりしがちな私にとっては、ちょっぴりお姉さんみたいな存在の友達です。お引っ越ししたばかりの新居にお邪魔してきました。都会にありながら、開放感のあるすてきなお部屋です。

おいしいマンゴーをご馳走になりつつ、5ヵ月の赤ちゃんとも初顔合わせ!こちらのおうちは男の子、かわいくて、とても元気そうな立派な赤ちゃんです。たくさん触らせてもらっちゃいました!
おそるおそるあやしてみたら笑い返してくれて、思わず「かわいーーー(゜o゜)!!」と目尻が下がってしまいました。

お話を聞くと、赤ちゃんを産み育てるのは私の想像をはるかに超える大仕事のようです。会社の引っ越しごときでヒーヒー言っている場合ではありません。
でも、もう大変!と言いながら、その子は新婚のときよりさらにキラキラピカピカして見えます。友達のそういう姿を見ると、何だか私もうれしくて、ルンルンと家路につきました。

-----
その翌週は高校の部活の友達と。その子のお友達の個展を見に、下北沢に行きました。
まずはチーズケーキとジンジャーエールで英気を養い(写真1つ目)、目指すギャラリーへ。

友達のお友達の作品は水彩画と写真で、こんなきれいな色が絵の具で出せるんだ!というくらい澄んだ、独特の色づかいが印象的でした。外の雑踏が別世界のようです。

再び町歩き。下北沢の町はくもの巣状に広がっていて、路地裏のかわいいお店を辿って歩いているうちに、道がループしていることに気付きます。
友達が服をいろいろ試着している間に、小さな緑の庭を見つけました(写真2つ目)。そこに咲いていたゼラニウム?の花(写真3つ目)。ひょろ長い紫の花は、お店の脇にひっそりと咲いていました(写真4つ目)。

そうしてぐるぐると歩いているうちに、一番街商店街にたどり着き、お豆腐屋さんの豆乳とおからを使ったドーナツが評判を呼ぶ「はらドーナッツ」のお店に出くわしました。
話題のドーナツ屋さんですから、もちろんドーナツ愛好家としてはすみやかに調査しなければなりません。列に並んで、豆乳とオカラ入りの「はらドーナッツ」と、「きなこドーナッツ」を購入しました。
食べてみると甘さ控え目、もっふもふで食べごたえのある、懐かし系ドーナツです。目の前でしゅわしゅわ揚がっていく様子を見るのも楽しいものですね。
一番街商店街には、いつも訪れるCafe Useと、かつて色黒の方が謎の布を買ったアフリカショップもあり、個人的に注目の通りです。

続いて、そのCafe Useでおいしいトーストのセットをいただき、夜はイタリア料理のお店で乾杯!
高校の頃からずっと、食べることとかわいいものが本当に大好きな友達なのです。

-----
赤ちゃんと遊びながら、町をぐるぐる歩きながら、いっぱいおしゃべりをして。ほんとは年末あたりからちょっと落ち込み気味だったのですが、その間会った何人かの友達にちょっとずつ力をもらって、楽しくなってきました。
いつも優しい私の友達たちに、この場を借りて御礼申し上げます!
[PR]
by soy_aya | 2009-05-28 19:34 | にっき